記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年間20万円の副業術-消費税増税に屈しない- 企画書を公開します。




年間20万円の副業術-消費税増税に屈しない-



タイトルの企画をNPO法人企画のたまご屋さんで出版社に売り込んでいました。

が、どこから声はかからず・・・(泣)。

今日から自分で営業をしていいそうなので企画書を公開しておきます。

今月末までに声がかからない場合はブログのコンテンツ化するのも検討しています。

はじめたばかりのブログなのでコンテンツ力がない。

だったらば電子書籍にするよりもブログのコンテンツにしたほうがいいかも・・と思ったり。


とりあえず企画書を公開してから考えますので出版社様・編集者様・編集プロダクション様

企画会議に検討してやってもいいかなという場合はぜひお声をかけください。

連絡はyokoyamayuta_since26アットyahoo.co.jpまで。


それでは概要です!


副収入出版企画書


■1.出版企画書
◆タイトル
年間20万円の副業術-消費増税に屈しない-

○他のタイトル候補
確定申告不要!年間20万円得する方法
家計の負担を軽くする節約術
増税時代の節約術-豊かに生きる-

◆キャッチコピー(帯文)
いつ備えるの!?今でしょ!

◆本書の内容
生活実用書です。
普段の仕事とは別に年間20万円の副収入を得る方法を教える実践書になります。
消費増税による家計の負担増の助けになる本です。

◆著者プロフィール
横山 祐太(よこやま ゆうた)
1988年、新潟県に生まれる。文京学院大学人間学部心理学科入学、同大学から3年次転入学を経て、立命館大学文学部人文学科心理学専攻を卒業。著者の副収入は株の配当金、お小遣いサイト、節約情報等の活用により年間換算で約20万にも上る。副収入実践経験は11年。増税時代に誰でも実践できるような手法を世に広めたいと考えている。著書にブラック企業から残業代を取り戻す-若者の逆襲(花伝社、2014年4月刊行予定)。

◆企画意図
○この本を企画した理由
2014年4月から消費増税が現行の5%から8%に上がることが正式に決定しました。みずほ総研の『消費税率引き上げに伴う家計負担』によると、家計負担は年収300万世帯で平均57,529円、年収500万世帯では平均70,887円の負担増になるとされています。このような中で家計の負担を少しでも減らす方法は読者から求められていると考えます。

○この本が売れる理由
貯金や節約の本は世間に多く出回っていますが、誰にでも気軽に実践できる副収入を得る方法本については聞いたことがありません。あったとしてもアフィリエイトや転売を行なうといった一般的に見て読者にとって敷居が高い本ばかりです。そこで若年者である著者が実践している副収入の方法を平易に紹介することで読者の生活を豊かにすることができます。また、前著で執筆した労働に関する知識も入れ込んでいければと考えます。
このままの予定で行くと2015年10月には消費税が10%に増税とされています。増税により私たちの生活が苦しくなる中で、一般家庭では豊かに生活ができないかもしれません。また、お金に余裕がなくなると、心にも余裕が無くなります。そこでこの本によって少しでも補助的に収入が得られる方法を知り実践していくことで読者の生活負担を軽減することをサポートできると考えます。増税前後に読者が持っている
「消費増税分くらいは稼ぎを増やして生活に影響が出ないようにしたい」
といった欲求を刺激し、潜在的な需要を掘り起こせる内容です。

◆企画の背景
昨今各銀行・証券会社によるNISAの宣伝や、日本TV「月曜から夜更かし」において株主優待で生活する人を取り上げる等、世の中の人々が投資や副収入と言った方法を知りたい潜在的需要は確実にあります。しかし心のどこかで投資や副収入を実践することは自分には出来ないことと捉えている人が多いフシがあります。そこで若年者である著者が投資、副収入を実践している姿を本に記すことで日本人の投資熱、副収入の実践を促進できると考えます。

◆読者ターゲット
メインターゲットは消費増税が不安で何か対策を立てたいと考えている方。
サブターゲットは主婦。夫の扶養内でささやかな贅沢をしたいと考えている人。

◆類書
・節約夫の超ドケチ伝説
すぎうらゆう(著) 出版社:主婦の友社
ISBN-10: 4072694304

・副収入が毎月10万円稼げるしくみ やればやるほど楽になる!
羽根田 雅幸(著) 出版社:つた書房
ISBN-10: 4905084083

・まんがでわかる株主優待だけでもっと優雅な生活
みきまる www9945(著) 出版社:宝島社
ISBN-10: 4800215218
等が類書になります。

◆類書との差別化
節約本でもアフィリエイト本でもない全く新しい副収入を得る形になっています。また、節約本のようにつらい我慢(使い捨てのティッシュを再利用等)をする必要がありません。そして、アフィリエイト本のように限られた人しか成功しない類のものではなく、実践すれば「誰もが確実に」年間で20万の収入を得られるところに類書との大きな違いがあります。そして類書のように高名な著者が難しい言葉を使って書いたものではなく、あくまで副収入術を実践して豊かな生活を実現できている1個人からのアドバイスという側面に立ち、より読者の方々に共感できる本を書くことができます。また、前著においても体験談形式で読者へ対し残業代を取り戻す知識をアドバイスできたと自負しているのでそのような点でも実績があると考えています。私が執筆することにより、読者に自分でも副収入を得ることができるという「やる気」を引き出すことができると確信しています。

◆体裁など(案)
ビジネス単行本、四六判、1500円、縦書き

◆原稿完成の予定
完成原稿あり(約99000字、画像多数)

◆この本を制作するために有利な条件
・企画者自身が年間20万円の副収入を得ているため、読者に直感的に手法を伝えることができます。

・SNSやブログ等で宣伝できます。

・TV局とのコネクションあり

■2.構成案


→詳しくはメールにてお問い合わせください。

■3.見本原稿

→詳しくはメールにてお問い合わせください。




概要部分だけ公開してみました。


この副収入本はブラック企業から残業代を取り戻す-若者の逆襲(花伝社)を
入稿してから書き上げたものになります。
従って商業出版ベースにのるものと大差がないと思って下さい。


個人的には再現性に自信もあり、誰でも実践できるものになっていると考えています。

例えば




株だけに限定してもこのように家計の「助け」を得ることができます。それも毎年。
意外にバカになりませんこれが。


出版社様、編集者様、編集プロダクション様は興味を持たれたらぜひお問い合わせくださいませ(^^)

yokoyamayuta_since26アットyahoo.co.jpまで


GWまでにオファーがない場合は・・・その時考えます(笑)。





◯ネットショッピングでお買い物する時はぜひ↓から!

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング
ヤフオク!
セブンネットショッピング


・横山祐太とアフィリエイトの付き合い方(参考)

http://yokoyamayuta.blog.fc2.com/blog-entry-29.html

◯横山祐太ツイッター 相互フォロー大歓迎です!

https://twitter.com/YokoyanSince26


◯横山祐太フェイスブック 友達申請大歓迎です!

https://www.facebook.com/yokoyamayuuta



◯横山祐太グーグルプラス 友達申請大歓迎です!

https://plus.google.com/107230538746983601790/about






関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライター、精神保健福祉士。
1988年、新潟県に生まれる。
加茂暁星高校卒業。
文京学院大学心理学科入学。
同大学から3年次転入学を経て、
立命館大学心理学専攻を卒業。
現在東京都某区在住。


【著作一覧】








HP: http://yokoyamayuta.com/

ご意見・ご感想・お仕事依頼は
yokoyamayuta_since26アットyahoo.co.jp
まで。
(お手数ですがアットを@に変換お願いします)

ブックマーク/ブログランキング

ブックマーク
RSS登録大歓迎です。



ブログランキングにも参加してます。
宜しければ応援お願いします!


ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ
人気ブログをblogramで分析
くる天 人気ブログランキング 画像の代替文字

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

アンケートのお願い

各種SNS(フォロー等お気軽に)




Yuuta Yokoyama

バナーを作成


横山 祐太さんの LinkedIn プロフィールの表示横山 祐太さんのプロフィールを表示


Google+

検索フォーム

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。