記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コラム…数字リテラシーを身に付ける。簿記取得のススメ

コラム…数字リテラシーを身に付ける。簿記取得のススメ


簿記 | 商工会議所の検定試験簿記 | 商工会議所の検定試験


皆さんは数字に強い方ですか?私は学生時代からからっきし数字がダメで大人になってからも数字には苦手意識を持っていました。しかし、大学卒業後、日商簿記検定試験3級を取得するための勉強を行ってから以前よりかは苦手意識が薄れたと思っています。知っている方も多いでしょうが日商簿記検定試験は日本商工会議所が実施している検定です。
 日本商工会議所によると、簿記とは 
「簿記は、企業規模の大小や業種、業態を問わずに、日々の経営活動を記録・計算・整理して、経営成績と財政状態を明らかにする技能です。
 簿記を理解することによって、企業の経理事務に必要な会計知識だけではなく、財務諸表を読む力、基礎的な経営管理や分析力が身につきます。また、ビジネスの基本であるコスト感覚も身につきますので、コストを意識した仕事ができるとともに、取引先の経営状況を把握できるために、経理担当者だけではなく、全ての社会人に役立ちます。さらに、公認会計士や税理士等の国家資格を目指す方や他の資格・検定と組み合わせてキャリアアップを考えている方々にも必須の資格といえます。




 現在、多くの企業が社員に対して簿記検定の資格取得を奨励しているほか、大学や短大の推薦入試、単位認定の基準に採用されていることなどから、年間で60万人超の方々が受験する「日商簿記」として社会的に高い信頼と評価を得ています。」
 日本商工会議所ではこのように簿記検定を取ることを奨励しています。私自身簿記を取得するまではコスト意識や会計知識が欠如していたのですが、日商簿記検定試験3級を取得することによって費用収益の関係性等も考えるほどになりました。また、前述したふるさと納税や所得税等、お金に関する知識を正しく身につける基礎ができたと思っています。もちろん頭ごなしに簿記を取得しろと言っている訳ではありません。本書で言うところの副収入を管理するためにも簿記の知識が必要となります。簿記は帳簿記録の略称ですがお小遣いサイトやネットオークション等の帳簿記録を正確に身につけられれば正確に日々のお金の流れを追うことができます。また、簿記知識を用いた複式簿記での帳簿記帳ができれば個人事業を起こす際に青色申告という税金の減税を受けることもできます。私は文筆業としてこの本を書いているのでこの青色申告にも挑戦している身なのですがサラリーマンをしていた時には見えていなかったものが見えてきた部分があり日々楽しく会計作業ができていると思っています。数字が苦手な読者も副収入を得ることをきっかけに簿記を勉強してみてはいかがでしょうか。新たな世界が開けるかもしれません。
 また、お小遣いサイトの雑所得を計算する上で重要なことがあります。それは経費を計上できるということです。お小遣いサイトを利用するにはネット代が必要ですよね?このネット代を経費として計上し、雑所得を下げることができます。
国税庁によると、
1.必要経費に算入できる金額
 事業所得、不動産所得及び雑所得の金額を計算する上で、必要経費に算入できる金額は、次の金額です。
(1) 総収入金額に対応する売上原価その他その総収入金額を得るために直接要した費用の額

(2) その年に生じた販売費、一般管理費その他業務上の費用の額

2 必要経費の算入時期

 必要経費となる金額は、その年において債務の確定した金額(債務の確定によらない減価償却費などの費用もあります。) です。つまり、その年に支払った場合でも、その年に債務の確定していないものはその年の必要経費になりませんし、 逆に支払っていない場合でも、その年に債務が確定しているものはその年の必要経費になります。
 この場合の「その年において債務が確定している」とは、次の三つの要件をすべて満たす場合をいいます。
(1) その年の12月31日までに債務が成立していること。
(2) その年の12月31日までにその債務に基づいて具体的な給付をすべき原因となる事実が発生していること。
(3) その年の12月31日までに金額が合理的に算定できること。
3 必要経費に算入する場合の注意事項
(1) 個人の業務においては一つの支出が家事上と業務上の両方にかかわりがある費用(家事関連費といいます。) となるものがあります。
 (例)交際費、接待費、地代、家賃、水道光熱費
 この家事関連費のうち必要経費になるのは、次の金額です。
イ 主たる部分が業務の遂行上必要であり、かつ、業務に必要である部分を明らかに区分することができる場合のその区分できる金額
ロ 青色申告者で、取引の記録などに基づいて、業務の遂行上直接必要であったことが明らかに区分することができる場合のその区分できる金額
(2) 必要経費になるものとならないものの例
イ 生計を一にする配偶者その他の親族に支払う地代家賃などは必要経費になりません。逆に、受取った人も所得としては考えません。
 これは、土地や家屋に限らずその他の資産を借りた場合も同様です。ただし、例えば子が生計を一にする父から業務のために借りた土地・建物に課される固定資産税等の費用は、子が営む業務の必要経費になります。
ロ 生計を一にする配偶者その他の親族に支払う給与賃金(青色事業専従者給与は除きます。) は必要経費になりません。
(注) 青色申告者でない人についての事業専従者控除の金額が、必要経費とみなされます。
ハ  業務用資産の購入のための借入金など、業務のための借入金の利息は必要経費になります。
(注)  不動産所得を生ずべき業務の用に供する土地等を取得するために要した負債の利子の額は、不動産所得の計算上必要経費になりますが、不動産所得の金額が損失(赤字)となった場合には、その負債の利子の額に相当する部分の損失の額は生じなかったものとみなされ、他の所得金額との損益通算はできません。
ニ 業務用資産の取壊し、除却、滅失の損失及び業務用資産の修繕に要した費用は、一定の場合を除き必要経費になります。
ホ 事業税は全額必要経費になりますが、固定資産税は業務用の部分に限って必要経費になります。
ヘ 所得税や住民税は必要経費になりません。
ト 罰金、科料及び過料などは必要経費になりません。
チ 公務員に対する賄賂などについては必要経費になりません。

・収入―経費=所得
 これが所得の考え方です。従って、お小遣いサイトのポイントを得るためのインターネット代等は経費として計上できます。かといって毎月のインターネット代全てを経費として計上できるわけではありません。大村(2012)は
「経費に計上できるのは事業に関連する部分だけ」
としています。従って毎月のインターネット代の全額を経費計上することはできません。収入を得るために使った分だけ経費として計上できるのでインターネット代、つまり通信費を按分(あんぶん)することになります。例えば毎月のインターネット代が5000円だとします。この5000円をプライベート用に使用している部分と、お小遣いサイトで稼ぐため用に使用している部分とを分けるのです。プライベートで8割、お小遣いサイト用で2割使用していたとすると毎月1000円を経費計上することができます。1年間では12000円もの経費をお小遣いサイトで稼いだポイントから差っ引くことができます。その上で稼いだポイントが年間20万円を超えないようにすればいいわけです。収入、経費、所得の概念も稼ぎながら理解できると思うのでぜひ実践してみてください。


◯ネットショッピングでお買い物する時はぜひ↓から!

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング
ヤフオク!
セブンネットショッピング


・横山祐太とアフィリエイトの付き合い方(参考)

http://yokoyamayuta.blog.fc2.com/blog-entry-29.html

◯横山祐太ツイッター 相互フォロー大歓迎です!

https://twitter.com/YokoyanSince26


◯横山祐太フェイスブック 友達申請大歓迎です!

https://www.facebook.com/yokoyamayuuta



◯横山祐太グーグルプラス 友達申請大歓迎です!

https://plus.google.com/107230538746983601790/about

◯横山祐太note相互フォロー大歓迎です!

https://note.mu/yokoyamayuta_

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライター、精神保健福祉士。
1988年、新潟県に生まれる。
加茂暁星高校卒業。
文京学院大学心理学科入学。
同大学から3年次転入学を経て、
立命館大学心理学専攻を卒業。
現在東京都某区在住。


【著作一覧】








HP: http://yokoyamayuta.com/

ご意見・ご感想・お仕事依頼は
yokoyamayuta_since26アットyahoo.co.jp
まで。
(お手数ですがアットを@に変換お願いします)

ブックマーク/ブログランキング

ブックマーク
RSS登録大歓迎です。



ブログランキングにも参加してます。
宜しければ応援お願いします!


ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ
人気ブログをblogramで分析
くる天 人気ブログランキング 画像の代替文字

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アンケートのお願い

各種SNS(フォロー等お気軽に)




Yuuta Yokoyama

バナーを作成


横山 祐太さんの LinkedIn プロフィールの表示横山 祐太さんのプロフィールを表示


Google+

検索フォーム

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。