記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コラム…所得税の話

PAK83_500encointachi20140305500_convert_20140331235930.jpg

コラム…所得税の話


さて、今までに稼ぐ話ばかりしてきていましたがここで税金、とりわけ所得税についての話をしようと思います。本書の中心読者は勤め人の方やその配偶者である主婦の方、さらには学生の方を中心としていますのであまり税金に詳しくない方もいらっしゃると思います。もちろん私も会社に勤めている時は税金について詳しく把握してはいませんし今でもわからないことはたくさんあります。そこでこのコラムでは副収入を稼ぐために基本的な所得税の知識も身に付けていきましょう。
まず私達が日本で働く以上納めなければいけない税金があります。それが所得税です。
国税庁は所得税を10種類に分け、次のように説明しています。

No.1300 所得の区分のあらまし|所得税|国税庁No.1300 所得の区分のあらまし|所得税|国税庁


1.利子所得
 利子所得とは、預貯金や公社債の利子並びに合同運用信託、公社債投資信託及び公募公社債等運用投資信託の収益の分配に係る所得をいいます。
2.配当所得
 配当所得とは、株主や出資者が法人から受ける配当や、投資信託(公社債投資信託及び公募公社債等運用投資信託以外のもの)及び特定受益証券発行信託の収益の分配などに係る所得をいいます。
3.不動産所得
 不動産所得とは、土地や建物などの不動産、不動産の上に存する権利、船舶又は航空機の貸付け(地上権又は永小作権の設定その他、他人に不動産等を使用させることを含みます。) による所得 (事業所得又は譲渡所得に該当するものを除きます。) をいいます。
4.事業所得
 事業所得とは、農業、漁業、製造業、卸売業、小売業、サービス業その他の事業から生ずる所得をいいます。
 ただし、不動産の貸付けや山林の譲渡による所得は事業所得ではなく、原則として不動産所得や山林所得になります。
5.給与所得
 給与所得とは、勤務先から受ける給料、賞与などの所得をいいます。
6.退職所得
 退職所得とは、退職により勤務先から受ける退職手当や加入員の退職に基因して支払われる厚生年金保険法に基づく一時金などの所得をいいます。
7.山林所得
 山林所得とは、山林を伐採して譲渡したり、立木のままで譲渡することによって生ずる所得をいいます。
 ただし、山林を取得してから5年以内に伐採又は譲渡した場合には、山林所得ではなく、 事業所得又は雑所得になります。
8.譲渡所得
 譲渡所得とは、土地、建物、ゴルフ会員権などの資産を譲渡することによって生ずる所得、建物などの所有を目的とする地上権などの設定による所得で一定のものをいいます。
 ただし、事業用の商品などの棚卸資産、山林、減価償却資産のうち一定のものなどを 譲渡することによって生ずる所得は、譲渡所得となりません。
9.一時所得
 一時所得とは、上記1から8までのいずれの所得にも該当しないもので、営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外のものであって、労務その他の役務の対価としての性質や資産の譲渡による対価としての性質を有しない一時の所得をいいます。
例えば次に掲げるようなものに係る所得が該当します。
(1) 懸賞や福引の賞金品、競馬や競輪の払戻金
(2) 生命保険の一時金や損害保険の満期返戻金
(3) 法人から贈与された金品
10.雑所得
 雑所得とは、上記1から9までの所得のいずれにも該当しない所得をいいます。
例えば次に掲げるようなものに係る所得が該当します。
(1) 公的年金等
(2) 非営業用貸金の利子
(3) 著述家や作家以外の人が受ける原稿料や印税






本コンテンツで重要になってくる所得税は、2配当所得、5給与所得、10雑所得の3つです。それぞれ説明していきましょう。
・配当所得
 まず2の配当所得ですが本書第3章の株を活用する!における配当金がこちらの所得になります。配当所得に関しては証券口座を開設する際に源泉徴収ありの特定口座を選択しておけば証券会社が税金を代わりに納めてくれるので確定申告をする必要はありません。
・給与所得
 次に給与所得についてですが確定申告をするかどうかの決め事として国税庁は次のように記載しています。
[平成25年4月1日現在法令等]
 大部分の給与所得者の方は、給与の支払者が行う年末調整によって所得税額が確定し、納税も完了しますから、確定申告の必要はありません。しかし、給与所得者であっても次のいずれかに当てはまる人は、原則として確定申告をしなければなりません。
1.給与の年間収入金額が2000万円を超える人
2.2か所から給与の支払を受けている人で、給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円を超える人
3.2か所以上から給与の支払を受けている人で、主たる給与以外の給与の収入金額と給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円を超える人
(注)給与所得の収入金額から、雑損控除、医療費控除、寄附金控除、基礎控除以外の各所得控除の合計額を差し引いた金額が150万円以下で、給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円以下の人は、申告の必要はありません。
4.同族会社の役員などで、その同族会社から貸付金の利子や資産の賃貸料などを受け取っている人
5.災害減免法により源泉徴収の猶予などを受けている人
6.源泉徴収義務のない者から給与等の支払を受けている人
7.退職所得について正規の方法で税額を計算した場合に、その税額が源泉徴収された金額よりも多くなる人
(注) 給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額には、次の所得は入りません。
1.上場株式等の配当や少額配当などで確定申告をしないことを選択したもの
2.特定口座の源泉徴収選択口座内の株式等の譲渡による所得で、確定申告をしないことを選択したもの
3.源泉分離課税とされる預貯金や公社債の利子
4.源泉分離課税とされる抵当証券などの金融類似商品の収益
5.源泉分離課税とされる一定の割引債の償還差益
6.源泉分離課税とされる一時払養老保険の差益(保険期間等が5年以下のもの及び保険期間等が5年超で5年以内に解約されたもの)

 ここで重要となるのが最初の3.の注釈と7の注釈となります。これらを要約すると
「年間20万円以上副収入を稼いだら確定申告しなければならない」
「配当金等については源泉徴あり特定口座を選択していれば確定申告は必要ない」
 ということになります。年間20万円を超えると確定申告をしなければならないと言われている所以はここにあります。
本書で該当する副収入は所得税の種類の中の10の雑所得にあたるのでこれはどのような所得であるのかを見ていきましょう。
・雑所得
本書で雑所得に該当するものを考えていきたいと思います。まず、お小遣いサイトで得たポイントですがこれらは雑所得に当たります。これは仕方がないことなので20万円を超えないようにしましょう。
しかし、ネットオークションを活用する!で売却した商品の利益等は雑所得には該当しないのです。ネットオークションの場合は8の譲渡所得という区分になります。国税庁は譲渡所得の対象となる資産と課税方法として次のように言っています。
・所得税の課税されない譲渡所得
 資産の譲渡による所得のうち、次の所得については課税されません。
(1) 生活用動産の譲渡による所得
 家具、じゅう器、通勤用の自動車、衣服などの生活に通常必要な動産の譲渡による所得です。しかし、貴金属や宝石、書画、骨とうなどで、1個又は1組の価額が30万円を超えるものの譲渡による所得は課税されます。

 このように自分で楽しんだ娯楽品や余暇品をネットオークションで売ったとしても非課税になります。皆さんも薄々気付いていたのではないでしょうか。そのようなところまで税金を取られていたら私達の生活はもっと苦しいはずです。不用品の処分に課税されなくて本当によかったと思っています(笑)。
 次に株に関する雑所得の取り扱いですが、貸株サービス(預株制度)で入金される金額のみ雑所得に該当します。配当金に関しては前述したように配当所得に該当します。また、ここで問題になってくるのは株主優待の課税があるのかどうかということです。株主優待は物品でもらう場合やクオカード等の金券類でもらう場合があります。図書券やクオカード等の株主優待ならばもらった金額を計算しやすいでしょうが例えばカレンダーやパスタ等を優待品でもらった場合、時価の計算をどうするか等株主優待にはウヤムヤな部分がまだまだ多いのです。カレンダー、パスタは安いものは100円ショップで売っていますし、高いものの場合は1000円を超える場合もあります。これらのような問題もあり、国税庁においても株主優待に税金がかかるかどうかの記載はありません。また、税理士さんや個人の方のブログでは株主優待は非課税という形で処理している方が多く、現状では特に申告をする必要はないと言ってよいでしょう。
 これらをまとめるとお小遣いサイトの所得が20万円を超えないように気をつければよいということになります。お小遣いサイトのみで所得が20万円を超えることはほぼないとは思いますが心の奥住に20万円は超えないようしないといけないと覚えておけばよいでしょう。更に雑所得には経費も計上できます。つまりお小遣いサイトで稼いだポイントに使用したインターネット代等は稼ぎから引けるのです。この詳しい話は次のコラムの簿記に譲りますのでご期待ください。


◯ネットショッピングでお買い物する時はぜひ↓から!

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング
ヤフオク!
セブンネットショッピング


・横山祐太とアフィリエイトの付き合い方(参考)

http://yokoyamayuta.blog.fc2.com/blog-entry-29.html

◯横山祐太ツイッター 相互フォロー大歓迎です!

https://twitter.com/YokoyanSince26


◯横山祐太フェイスブック 友達申請大歓迎です!

https://www.facebook.com/yokoyamayuuta



◯横山祐太グーグルプラス 友達申請大歓迎です!

https://plus.google.com/107230538746983601790/about

◯横山祐太note相互フォロー大歓迎です!

https://note.mu/yokoyamayuta_

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライター、精神保健福祉士。
1988年、新潟県に生まれる。
加茂暁星高校卒業。
文京学院大学心理学科入学。
同大学から3年次転入学を経て、
立命館大学心理学専攻を卒業。
現在東京都某区在住。


【著作一覧】








HP: http://yokoyamayuta.com/

ご意見・ご感想・お仕事依頼は
yokoyamayuta_since26アットyahoo.co.jp
まで。
(お手数ですがアットを@に変換お願いします)

ブックマーク/ブログランキング

ブックマーク
RSS登録大歓迎です。



ブログランキングにも参加してます。
宜しければ応援お願いします!


ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ
人気ブログをblogramで分析
くる天 人気ブログランキング 画像の代替文字

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アンケートのお願い

各種SNS(フォロー等お気軽に)




Yuuta Yokoyama

バナーを作成


横山 祐太さんの LinkedIn プロフィールの表示横山 祐太さんのプロフィールを表示


Google+

検索フォーム

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。